旅々やまぐち割プラス

Q&A(よくあるご質問)
※最新情報につきましては
トップページにてご確認ください

対象期間について

割引適用の対象期間を教えてください。

令和4年10月11日(火)~令和4年12月27日(火)宿泊分まで[宿泊は令和4年12月28日(水)チェックアウトまで]

※詳しくはトップページをご参照ください。
※年明け以降の観光需要喚起策の実施については決定次第お知らせいたします。

利用方法について

チェックイン時(日帰り旅行は添乗員等との集合時)に利用可能な本人確認・居住地確認のための書類とは何ですか。

(一例)マイナンバーカード、運転免許証、運転経歴証明書、旅券(パスポート)、在留カード、特別永住者証明書、海技免状等国家資格を有することを証明する書類、障害者⼿帳等福祉⼿帳、船員⼿帳、戦傷病者⼿帳、国または地方公共団体の機関が発⾏した⾝分証明書など

【宿泊旅行】チェックイン時に提示する本人確認・居住地確認のための書類は代表者分だけでもいいですか。
利用者全員分の提示が必要ですか。

利用者全員の本人確認および居住地確認が必要です。

旅行予約時に、全員の本人確認・居住地確認が必要ですか。

本人確認・居住地確認は、予約時ではなく当日のツアー開始時(添乗員が付かない宿泊付きツアーの場合はチェックイン時、日帰り旅行の場合は添乗員等との集合時)に行います。
ご用意いただけない場合は割引の対象外とさせていただきます。
また、ワクチン検査パッケージが適用される場合も、当日のツアー開始時に予防接種済証または検査結果(陰性)であることのいずれかを確認できない場合、後日の提出は不可となり、割引の対象外とさせていただきます。

宿泊旅行の対象期間はいつまでですか。

対象期間は令和4年12月27日(火)まで[令和4年12月28日(水)チェックアウトまで]です。
※詳しくはトップページをご参照ください。
※年明け以降の観光需要喚起策の実施については決定次第お知らせいたします。

すでに予約済みの旅行は対象になりますか。

ご予約の旅行会社または宿泊施設へお問い合わせ下さい。

旅々やまぐち割プラスクーポンはどこでもらえますか。

【宿泊旅行】チェックイン時に宿泊施設でお渡しいたします。
【日帰り旅行】ご旅行日当日、添乗員等との集合時にお渡しいたします。

連泊の場合、旅々やまぐち割プラスクーポンは何枚もらえますか。

本事業の割引を適用する宿泊に対して、お一人様1泊あたり平日は3,000円分、休日は1,000円分をお渡しします。
(最大7泊分までが割引対象となります。)

連泊の割引の考え方を教えてください。

合計旅行代金から、宿泊数分(最大7泊分まで)の割引を適用します。

【例】平日に1泊6,000円×2泊の場合
合計旅行代金12,000円×40%=4,800円割引適用になります。
旅々やまぐち割プラスクーポンは3,000円×2泊=6,000円分となります。(一部OTAを除く)

旅行会社で予約をし、支払いと旅々やまぐち割プラス利用手続きを宿泊施設でのチェックイン時に行うことはできますか?

できません。ご予約の旅行会社で割引のご利用手続きと代金の支払いをお済ませください。

修学旅行等の学校の行事でも利用できますか。

ご利用いただけます。

本事業の割引は、ビジネス利用も対象ですか。

ビジネス利用も対象です。但し、公費を利用した出張(公務員の出張・引率教員)は対象外です。

適用になる宿泊旅行割引および日帰り旅行割引は、ひとりあたり1泊の割引ですか。

お一人様1泊あたりの割引となります。合計旅行代金に対して、最大5,000円(交通付き宿泊旅行は8,000円)の割引となります。

宿泊施設が設定する日帰り旅行も旅々やまぐち割プラスの対象となりますか。

宿泊施設が設定する日帰り旅行は対象外です。(対象となるのは登録旅行会社のみです。)

添い寝も旅々やまぐち割プラスの対象ですか。

添い寝の子供や無料乳幼児も対象となり、1人としてカウント可能です。

ワクチン・検査パッケージについて

ワクチン・検査パッケージについて証明となる書類はなにがありますか。

新型コロナウイルス予防接種済証等[3回接種済(山口県民による山口県内のみの旅行の場合は2回目接種)但し接種日より14日以上経過していること(※接種日翌日を1日目とする)]またはPCR検査等の検査結果通知書の提示が必要です。
なお、書類を撮影した画像や写し等の提示も可能です。

ワクチン・検査パッケージの証明書が提出できない場合はどうなりますか。

ご旅行当日、添乗員等との集合時及びチェックイン時などに確認書類を持参しなかった場合、検査結果が間に合わなかった場合、検査結果が「判定不能」であった場合、ワクチン3回接種(山口県民は2回接種)から14日を経過(※接種日翌日を1日目とする)していない場合等については「旅々やまぐち割プラス」の割引は適用できません。

ワクチン・検査パッケージの証明書が提出できないことにより利用をキャンセルしたい場合、取消料はどうなりますか。

ご予約の旅行会社または宿泊施設へお問い合わせください。

子どものワクチン・検査パッケージは必要ですか。

同居する親等の監護者が同伴することが条件に12歳未満は検査不要です。ただし、まん延防止重点措置区域に係る県またぎ移動にあっては、6歳以上12歳未満は検査が必要です。いずれの場合も割引適用にあたり在住地の証明は必要となりますのでご注意ください。

宿泊施設や集合場所での抗原定性検査はできますか。

本県では実施しないこととしています。

山口県民です。3回目接種済の場合、予防接種済証は3回目のものの提示でよいですか。

3回目接種済の場合は、接種済証は3回目のもののみで可能です。
その場合、2回目接種日から14日以上経過していること(※接種日翌日を1日目とする)が想定されるため、3回目接種からの経過期間を確認する必要はありません。
山口県以外の居住者についてはQ7をご参照ください。

山口県外の居住者です。ワクチン3回目接種後すぐに割引の対象となりますか。

3回目接種日より14日以上経過していることが条件となります。(接種日翌日を1日目とする。)

山口県民です。3回目のワクチン接種券は予防接種済証としてよいですか。

3回目接種券は、2回目接種を受けた方しか届かないため必要書類として有効です。ただし、本人確認と2回目接種日から14日以上経過していること(※接種日翌日を1日目とする)の確認は必要です。

ワクチン接種以外の証明方法を教えてください。

PCR検査等(LAMP法等の核酸増幅法、抗原定量検査を含む)又は抗原定性検査とします。

検査結果の有効期間はいつまでとなりますか。

PCR検査等の場合、検体採取日(検体採取日が不明な場合は検査日)の3日後まで有効とします。(検体採取日+3日)
抗原定性検査の場合、 検査日(= 検体採取日)の翌日まで有効とします。(検査日+1日)

新型コロナワクチン接種証明アプリは有効でしょうか。

現在の基本的な考え方として、
・行政(自治体)が作成しているアプリ(ご質問のデジタル庁)等は認めます。
・民間が作成したものについては保留(個別に確認しないとわからない)とします。

家族の中に未接種者がいる場合、ワクチン接種者のみ割引対象にすることは可能ですか?

ご家族に限らず、ご予約グループの中に証明書類(ワクチン接種歴等)を持参しない方がいる場合、基本は持参しない方のみが割引対象外となりますが、旅行事業者により一部での対応ができない(グループ全体が割引対象外となる)場合もございます。お申込みの旅行事業者へご確認ください。
また、県またぎの同状況時の回答は、県で対応が異なるため、各県の事務局へ確認ください。

複数の施設を予約している場合、すべての施設でワクチン・検査パッケージが必要ですか?

初泊の施設にてワクチン・検査パッケージが確認できればその旅行全体に適用されます。
ただし、2施設目以降は初泊でないことの証明が必要です。
(初泊でないことの証明書類:初泊施設の領収証・全体の行程表・宿泊証明など)

※全旅程において最大7泊分までが対象です。
※2施設目以降が県外ホテルの場合は該当県事務局へご確認ください。

オンライン旅行予約サイト(OTA)での予約について

オンライン旅行予約サイト経由で申込した場合も、本人確認および居住地確認は必要ですか。

宿泊施設にてチェックイン時に確認が必要です。合わせて予防接種済証等の確認もいたします。

オンライン旅行予約サイトで予約した場合、旅々やまぐち割プラスクーポンはどこでもらえますか。

宿泊施設にてチェックインの際にお渡しいたします。

オンライン旅行予約サイト独自にある割引キャンペーンや、クーポンとの併用は可能ですか。

併用可能です。但し、オンライン旅行会社によっては、併用不可となる場合がございます。ご利用のオンライン旅行予約サイトにてご確認下さい。

精算について

他の割引制度(市町村発行の宿泊割引等)との併用方法について教えてください。

他の割引制度を適用した金額に対して、本事業の割引を適用します。

【例】平日に宿泊代金10,000円の場合
① はじめに他市町村の割引を適用
② ①で適用した後の金額に対して本事業割引適用
※①で他市町村の割引を適用した後の金額が平日5,000円未満/休日2,000円未満の場合は本事業の割引は適用できません。

旅行券や宿泊券等は併用可能ですか。

併用可能です。金券は本事業の割引適用後にお使いください。

旅行会社やオンライン旅行予約サイトのポイントを併用可能ですか。

併用可能です。本事業の割引適用後の代金に対して、各社のポイントを使用いただきます。
但し、オンライン旅行会社によっては、併用不可となる場合がございます。ご利用のオンライン旅行予約サイトにてご確認下さい。

取消が発生した場合、取消料の算出金額はどうなりますか。

割引適用前の旅行代金を基準に算出します。

キャンセル料への適用はできますか。

いかなる場合もキャンセル料に適用はできません。

旅々やまぐち割プラスクーポン利用に関して

旅々やまぐち割プラスクーポンはどこで利用できますか。

旅々やまぐち割プラスに登録済みの土産物店、飲食施設・店舗及び交通関連事業者でご利用可能です。クーポン登録店舗はHP掲載の『旅々やまぐち割プラスクーポンが利用できる施設一覧』にてご確認ください。

旅々やまぐち割プラスクーポンを夕食時に追加注文した飲食代や、売店で使用できますか。

クーポン登録店舗であればできます。但し、宿泊代の精算と完全に切り離されていることが条件です。

旅々やまぐち割プラスクーポンで購⼊した商品の返品はできますか。

クーポンで購⼊した商品(サービス)を返品する際には、返⾦はできません。